1. >
  2. >
  3. 個性派ヘアカラーは、ハイライトがポイント!(ロング編)

NEWS

個性派ヘアカラーは、ハイライトがポイント!(ロング編)

季節の変わり目、思い切ってヘアのイメージを変えたいと思ったことはありませんか?

 

髪の毛を染めたのに、なんか代わり映えしてないかも?

気づいたら、同じ色味のカラーばっかり…… !

自分だけのちょっと違ったヘアカラーにしてみたい!

・・・という、いつもとひと味ちがうヘアカラー

気になっている方におススメしたいのは

「ハイライト」を入れたカラー

 

ハイライトとは、髪の毛をカラーリングする際に、

ベースとなる髪色よりも「明るい」色のカラーを部分的に入れることですが、

 

ハイライトをいれることで、

・髪の毛の立体感がアップ

・髪の毛に、動きや軽い印象を与える

・ベースのカラーとの組み合わせで個性を出すことができる

といった効果があるんです。

 

今日は、

明るめのザ・個性派カラーから、

オフィスでも馴染む自然なカラーまで、

「ロング」の長さに似合う

ハイライトを入れたヘアカラーをPick up!

 

是非、この夏のイメージチェンジの参考にしてみてくださいね。

 

前回の記事はコチラ↓↓

個性派ヘアカラーは、ハイライトがポイント!(ボブ&ショート編)

個性派ヘアカラーは、ハイライトがポイント!(ミディアム編)

 

ひと味ちがう、個性派ヘアカラー(ロング編)①

海外スナップのようなこなれ感が欲しい人に!

bmm2015060501

 

前髪のゆるいうねりからのサイドのつながりが、

気になる顔型をカバー。

猫っ毛で髪がぺたんとしやすい人も

自然なボリュームが出せるのでGOOD。

ハチ下にポイントでハイライトを入れ、

モードなアクセントで差をつけて。

 

(担当:MAKE’S omotesando/斉藤美穂さん)

⇒このヘアスタイルの詳しい情報はコチラ!

 

 

ひと味ちがう、個性派ヘアカラー(ロング編)②

無造作感がおしゃれ大人の重ふわウエーブ

bmm2015060502

前髪はサッとかき上げたようなラフさを出すよう、

キッチリと分けず、ジグザグに分けるのが正解。

カラーはハイライト、ローライトを入れて、

パーマの動きに立体感を出して。

 

(担当:Garland/真木遊さん)

⇒このヘアスタイルの詳しい情報はコチラ!

 

ひと味ちがう、個性派ヘアカラー(ロング編)③

さりげなく入れたハイライトで、自然な立体感を。

bmm2015060503

 

毛先にだけ内巻きのパーマを1回転かけ、

ドライするだけで決まるストレートに。

鼻まで伸びた前髪が顔の面積を削ってくれるので、

シャープな印象に仕上がる。

さりげなく入れたアッシュのハイライトで、自然な立体感が。

 

(担当:ACQ́UA omotesando/世良綾花さん)

⇒このヘアスタイルの詳しい情報はコチラ!

 

イメチェンするなら、今!

夏へ向けて、新しい印象のヘアカラーに

チャレンジしてみませんか?

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターM.M

このライターの記事へ