1. >
  2. >
  3. 冬の間は心もお腹も満たして脂肪燃焼もできるスープダイエットに注目

NEWS

冬の間は心もお腹も満たして脂肪燃焼もできるスープダイエットに注目

おなかいっぱい食べてもやせる! 食べれば食べるほどやせられる! そんな魔法のスープがあるの知っていましたか? この冬は、心もお腹も満たす「スープダイエット」で決まり!

日に日に寒くなっていく今、ウォーキングやジムに出掛けるのが、ちょっと面倒になっていませんか? でもこのままでは、冬の間にぷくぷく太ってしまう・・・なんて心配をしている人もいるのでは。これからご紹介する魔法のスープなら、食べれば食べるほどやせられるんです。それが、「脂肪燃焼ダイエットスープ」です。スーパーなどですぐ手に入る、6つの野菜を煮込んだ簡単スープを食べるだけで、体内にたまった毒素が排出されて体質が改善。やせやすいカラダに生まれ変わります。

●脂肪燃焼ダイエットスープとは?

6つの野菜(玉ねぎ、キャベツ、にんじん、セロリ、ピーマン、トマト)を切って、こんぶ、鶏ガラ、かつお節の3種のだしで煮たあと、天然塩としょうがを加えて味付けする、簡単スープ。たったこれだけで、おなかいっぱい食べてもダイエット効果を発揮してくれる魔法のスープの完成です。

 

●どんな効果があるの?

★『おなかすっきり、毒素排出!食べるほどに代謝がUP!』

・・・・たっぷりの野菜やこんぶが入った脂肪燃焼スープには、大量の食物繊維が含まれています。脂肪燃焼スープを食べると、その中に含まれる食物繊維が複合的に腸を刺激し、便通を強力に改善。腸がキレイになれば、血液もキレイになり、全身の細胞が活性化されます。つまり、脂肪燃焼スープは、食べれば食べるほど体内の環境を整え、代謝をアップしてくれるのです。

★『免疫力が強化され、健康的にやせる』

・・・ダイエットをすると、体力の低下や体調不良が心配、という人もいるかもしれません。しかし、脂肪燃焼スープの場合は、体内環境が調整され、体質が改善されることで、免疫力もアップ。病気をよせつけない体になっていくので心配はありません。

 

●どのタイミングで食べたらいいの?

夕食前に1杯食べるだけ! おなかいっぱい食べてもOK。基本は夕食の前にいっぱい食べるだけですが、朝食や昼食に食べても量をふやしてもOK。ダイエット料理というとまずいイメージですが、脂肪燃焼スープは野菜のうまみがたっぷりとけ込んでいるので、味もとても美味しいのです。苦なく続けられます。

 

<<脂肪燃焼スープの作り方>>

・材料(7皿分)

玉ねぎ…大3個、セロリ…太いもの1本、キャベツ…大1/2個、トマト…大3個、にんじん…1本、ピーマン…1個、水…2~3L

[だし]こんぶ…5g、かつお節…10g、鶏ガラスープのもと…小さじ1

[味付け]しょうが…1かけ、天然塩…少々

 

・作り方

1 野菜を食べやすい大きさに切る

2 大きめの鍋にだしと1の野菜、水1Lを入れて、中火で20分ほど煮る。スープのかさが減ってきたら、適宜水を追加する。

3 野菜が柔らかくなってきたら、天然塩で味をととのえ、火からおろす。食べる直前にしょうがをすりおろして加える。

4 食用油や砂糖を使わなければ、味つけは基本的に自由。こんぶは取り出しても食べてもどちらでもよい。

dietsoup3

 

切って煮るだけの簡単スープ、脂肪燃焼ダイエットスープ。ダイエット初心者の人も、これまで何度も挫折をしてしまった人も、このスープなら大丈夫! きっと1週間後には鏡を見るのも体重計に乗るのも、楽しみになっているはずです。この冬は、失敗知らずの簡単ダイエット・脂肪燃焼ダイエットスープでサイズダウンを目指してみませんか?

 

※情報提供:『6つの野菜ですぐできる 毒出し脂肪燃焼スープ』(主婦の友社)

 

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターK.M

このライターの記事へ