1. >
  2. >
  3. ヤセ体質をつくる生活習慣【食事編】

NEWS

ヤセ体質をつくる生活習慣【食事編】

ダイエットといえば、運動!とイメージしがちですが、毎日のちょっとした生活の心がけが、大きな結果へと繋がります。生活習慣のすべてをヤセモードにシフトチェンジ!

 

食事、入浴、ファッションなど、毎日のちょっとした積み重ねが、あなたを変身させてくれます。

今回は、知っているようで案外実践できていなかった食生活の基本7ケ条をおさらい。年末年始でお酒や外食が増え、不規則な食事になりがちですが、基本をおさえておけば安心です!

 

<1>美しくやせるためには、タンパク質はしっかりとろう

タンパク質は私たちの体を作る大事な栄養素。食べないダイエットで、タンパク質が不足すると肌がたるんだり、顔色が悪くなったり、髪がバサバサになったりと良くないことばかり。肉や魚、大豆などから、きちんとタンパク質をとるように心がけて。

 

<2>炭水化物は食べ過ぎない。でもゼロにはしない!

ごはんやパン、めん類などの炭水化物は食べ過ぎに注意。ただし炭水化物が不足すると脳が働かなくなるので、全く取らないのもダメ。マカロニ、春雨、いも類、栗、かぼちゃ、大豆以外の豆、とうもろこし、れんこんなどは一見ヘルシーそうでも、実は炭水化物。炭水化物の摂取は1食で1品にしましょう。

 

<3>カフェラテ、アボカド、果物など、うっかり太りに注意!

知らない間に、よけいなカロリーをとっている人は意外に多いもの。コーヒーは0kcalですが、牛乳を入れると1杯100~150Kcalにアップしてしまいます。栄養価の高い高野豆腐、アボカド、果物、ナッツ類も高カロリーなので食べ過ぎに気をつけて!

 

<4>肉加工品は危険がいっぱい!

最近何かと話題になっている、肉加工品。ウィンナーやハム、ベーコンなどの加工品は脂だけでなく、むくみの原因になる塩分も含まれているので、できるだけ避けた方がダイエット成功の近道です。

 

<5>主食とおかず、汁物がそろったバランスのよい食事を

ダイエット中の食事というと、カロリーを抑えることばかり考えがち。人によっては早く効果を実感したいがために、食事も抜いてしまう人もいます。でも食べないダイエットは、体も心もボロボロに。主食、主菜、副菜、汁物がそろったバランスのよい食事を心がけてください。

 

shokuji_diet

●主菜・・・肉・魚・卵料理など、●副菜・・・野菜、いも、大豆製品など、 ●主食・・・ごはん、パン、めん類など、 ●汁物・・・みそ汁、スープなど

 

<6>「もしかしてストレス食いかも?」ストレスをためずにリフレッシュを!

変な時間に何か食べたい!って思ったときは、要注意。次の項目をチェックして、一つでもあてはまるものがあったら、ストレス太りの可能性大。食べること以外で、ストレス解消法を見つけてみましょう。

□人間関係で気になることがある □生理前 □なんとなく寂しい □勉強や仕事で忙しい □外でイヤなことがあった □落ち込むことがあった □金銭面で悩みがある

 

<7>”カロリーオーバー”メニューがはできるだけ避ける

ダイエット中に避けたいのは、カロリーオーバーの食事です。これは、野菜が少なく、栄養バランスが悪いメニューになります。もちろん絶対食べてはいけないことはありません。「ツラい」「キツい」と我慢しすぎるのは良くないので、自分の中でしっかりバランスを決めてとるようにしてください。

例えば・・・フライドポテト、グラタン、ハンバーガー、ハンバーグ、丼もの、ドリア、コロッケ、コーンスープ、唐揚げ、カップめん、カレー、ラーメン、オムライス、スパゲッティ、寿司など

 

 

正しいダイエットとは、「必要なエネルギーと栄養をきちんととる」「1日1時間の速歩程度の運動をする」「十分な睡眠をとる」そして何より「ストレスをためない」ものです。今回の食事編でご紹介した食事の基本7ケ条を踏まえて、バランスのよい食生活を送り、元気でキレイになるダイエットを目指してください。

 

※情報引用:『ハンディ版 見たままできるDVDつき リバウンド率ゼロ! EICO式下半身やせメソッド』より

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターK.M

このライターの記事へ