1. >
  2. >
  3. 寝てやせる! 【EICO式ダイエット】 

NEWS

寝てやせる! 【EICO式ダイエット】 

睡眠環境が悪いと、人生の1/3を損します。

 

==快眠はダイエットの近道。睡眠の環境にこだわろう==

 

 

せっかく睡眠時間を確保しても、寝つきが悪かったり、眠りが浅いなど、質が低ければ「睡眠の効果」も薄まってしまいます。私は眠りの質を上げるため、ベッドを低反発マットレスにして、枕は自分の好みに合わせてオーダーしました。

私の睡眠時間は8時間。人生の1/3を睡眠に使っているのです。そう考えて寝具にこだわることにしました。おかげでスッキリと目覚め、お肌の調子も良くなりました。

 

リラックスすると副交感神経が優位になり、良質な眠りに。キーワードは5つ。

 

☆「柔らかい」ビーズクッションや、毛布のやわらかい触れ心地

☆「ぬるい」空間の温度と湿度、38~41度のぬるめのお風呂につかる

☆「薄暗い」間接照明などのやわらかな明かり

☆「香りいい」リラックス系アロマを焚く、フレーバーティーを飲む

☆「聞き心地が良い」鳥のさえずりや川のせせらぎなど、自然の音

 

これらを実践しても良質な睡眠が得られないという方は、交感神経が優位になって覚醒するようなことを行っている可能性も。例えば、カフェインやタバコなどの嗜好品は、体にとっては刺激物。お酒を飲むと寝つきは良くなりますが、眠りが浅くなってしまいます。寝る前の携帯電話やパソコンもおすすめしません。光で目が覚めてしまうから。

毎日長い時間を過ごすベッドや布団。快眠するための環境を整えましょう。

 

0222eico_cover

『ダイエットの教科書』(1000円+税/主婦の友社)

 

”寝てやせる”その方法、まだまだあります!

・睡眠不足は内臓機能を低下させ代謝を悪くする

・しっかり寝ると食欲は落ち着く。食べたいものは翌朝に

・睡眠はダイエットに不可欠。やせたいなら、「睡眠」の優先順位を上にすること

などなど、、他にも食事や食べ過ぎ防止、運動やファッション、やせ習慣など、

ダイエットで悩まないヒントがいっぱい。自身も1年間でマイナス20kgのダイエットに成功したEICO先生が『本当に正しいダイエット方法』を教えます!

 

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターK.M

このライターの記事へ