1. >
  2. >
  3. 脚についた脂肪をシェイプアップ!<脚やせリンパストレッチ>Part2

NEWS

脚についた脂肪をシェイプアップ!<脚やせリンパストレッチ>Part2

Part1に続き、今回も自宅でできる、簡単「リンパストレッチ」をご紹介。脚の気になるパーツに2週間、挑戦してみてください。

リンパストレッチとは?と思っている人も多いはず。

実践に入る前に、簡単に「リンパストレッチ」について知っておきましょう。

rinpa4

 

★普通のリンパストレッチと何が違うの?

『リンパストレッチは、深部にあるリンパに働きかけます。』

インナーマッスルを大きく伸縮させるストレッチなので、筋肉の奥にある深いリンパの周辺にある筋肉が動かされて、リンパの流れが促されます。そうすると、老廃物が排出され、酸素や栄養素もくまなく細胞に届けられます。

 

★リンパって、そもそもどこにあるの?

『血管に沿って全身をめぐっています』

リンパは、リンパ液・リンパ管・リンパ節から構成されています。リンパ管は、血管に沿うように全身に張りめぐらされて、その途中にあるリンパ節を通ることで、リンパ液内の細胞や異物がとり除かれます。大きな働きとしては、体内の浄化作用のほか、体を有害物質から守る免疫機能があります。

 

★浅いリンパと深いリンパの違いって??

『それぞれ流れるところが異なります』

浅いリンパは皮膚のすぐ下、深いリンパは体の深部を流れています。浅いリンパは皮膚のすぐ下で血管に沿って網の目のように流れているので、やさしい圧でマッサージするのがおすすめです。一方、深いリンパは体の深部の筋肉にはりめぐらされているので、ストレッチでしっかり伸ばすと効果的です。

 

★脚やせに本当に効果的??

『滞りがちな血行&リンパを活性化して、脚やせに効果的』

リンパ管には、血液を流す心臓のようなポンプ機能がないため、リンパ管の周辺筋肉のサポートがないと流れが滞りがち。特に、下半身は重力の影響もあって血液もリンパも滞りがちです。リンパストレッチを行えば、普段動かしていない深い筋肉を伸縮すると、その動きがサポートとなりリンパの流れも活性化。たまった両廃物や余分な水分を排出できるうえ、インナーマッスルが動かされるので、脂肪も燃焼します。継続的に行うことで、シェイプアップ効果も期待できます。

 

それでは、リンパストレッチ スタート!

●太もも引きしめ

rinpa_a

1・太ももを前側にゆっくり伸ばす

両脚は肩幅に開いて立ち、右手はイスなど支えになるものに置く。左の脚の甲を左手で持ち、できるだけお尻に近づける。慣れてきたら足先を持って行うとより効果的。【10秒×左右各5回】

※限界まで伸ばした状態をキープする。

 

●ふくらはぎ&足首引きしめ

rinpa_b

1・右ひざを立て、手はひざの上に置く

片ひざを立ててしゃがみ、立てたひざに腕をのせる。もう一方の脚は、ひざを体から話した位置にセットする。

※ヒラメ筋が伸びているのを実感して!

 

rinpa_c

2・右ひざに体重をかけて、前にかがむ

立ひざに体重をのせるような感覚で前かがみに。ヒラメ筋が伸びるとともに、もう一方の脚の内転筋も同時にストレッチが可能。【10秒×左右5回】

※床からかかとが浮かないように注意して!

 

リンパストレッチ、いかがでしたか?

インナーマッスルは脂肪をエネルギー源とするので、動かすほどに脂肪を消費できます。さらに、深部にあるリンパの流れもよくなるので、老廃物や余分な水分も排除され、より健康的で美しい体に近づけるのです!

毎日、たったの5分だけ!!まずは2週間、試してみてください。

 

【加藤雅俊先生】

薬剤師・体内環境師・日本ホリスティックセラピストアカデミー校長。総合的な「予防医学」を目指し、ミッツ・エンタープライズ株式会社を起業する。同時にオーガニックサロン、薬食同源のスクールを展開。2004年に「社会文化功労賞」を受賞。著者多数。

 

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターK.M

このライターの記事へ