1. >
  2. >
  3. 「冬のおしゃれの首もとにピッタリなヘアアレンジが知りたい!」大作戦

NEWS

「冬のおしゃれの首もとにピッタリなヘアアレンジが知りたい!」大作戦

寒い冬のおしゃれに欠かせないタートルネックやもこもこ素材のストールなどは、どうしても首もとがボリューミィーになりがち。髪をおろすと首まわりがもたつくし、逆にフルアップにすると寒々しくなりそう。そこで今回は、首周りのアイテム別におすすめのヘアアレンジを紹介します!

教えてくれたのは

神宮司芳子さん

150218_jinguji広報用 1135 (1)

Profile

資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト。2002年資生堂入社。資生堂の宣伝広告のヘアメークを中心に、コレクションなどでも多岐にわたり活動。へアアクセサリーや書籍もプロデュース。ホームページはこちら! http://hma.shiseidogroup.jp/jinguji/

 

 

今回の生徒は

篠原のえるさん

IMG_0592

ダッフルコートのフードやストールがあるときは、おろした髪を内側に入れてごまかしてます。寒さ対策は問題ないけれど、全身の見た目がイマイチ。どうしたらおしゃれに見えるの?

 

流行のファーティペットのときのフェイクボブ

a_0338

毛足の長いファーを首もとに配置する場合、髪が肩にかからないスタイルがお似合い。今回は長い髪を内側に入れ込むボブ風スタイルに。レトロな印象のファッションともマッチ!

 

1 全体の髪をバックで三つ編みに

a_0437

全体にワックスをつけてから前髪を9:1分けにします。少ないほうの顔まわりの毛は残しておき、えり足低めの位置で三つ編みを。編み始めはたるみをつけて。

 

MRマルチスタイルワックス

マシェリ マルチスタイルワックス NA

60g 850円+税(編集部調べ)/資生堂

とろみのある、なめらかな質感のワックス。ツヤを与えつつ、適度なホールド力を発揮するため、髪質・髪型を問わず誰にでも使用可能。アレンジヘアのベースにも最適。

 

2 三つ編みした毛束を内側に巻き込む

a_0433

1で三つ編みした毛束を、毛先から内側にグルグルッと。えり足まで巻き上げたら、下からピンをさして固定させます。アメピンでも問題ありませんが、Uピンを使ったほうがカンタン。

 

3 残りの顔まわりの毛束を後ろ中央に

a_0430

最後に、残しておいた毛束をしっかりねじります。この毛束を耳後ろに通して後ろの中央でピンどめ。正面から見たとき、片側を耳かけしたようなボブになれば完成です。

 

完成!

アシンメトリーなレトロボブ

a_0338

20151127110647a_0421

 

胸下まで届くロングヘアが、三つ編みを巻き込むだけでボブ風に変身! 片側の顔まわりを耳にかけてアシンメトリーに仕上げるとグッドバランス!

 

 

ストールのときのミドルポイントテール

a_0449

ワイドな厚みと高さが出がちなストールの場合、えり足に空間を持たせたひとつ結びスタイルがベスト。ただし、位置が高すぎると寒そうに見えるので、耳の高さくらいで結ぶのがお約束!

 

1 結んだ毛束から細い毛束をとり出す

a_0485

カールセットローションを使い、全体を軽く巻いてからまとめます。結ぶ位置は耳の高さよりやや低めに。結び終えたら、少し毛束をとり出し、ゴムの上にグルグルッと巻きつけます。

 

MRカールセットローション

マシェリ カールセットローション

200ml 850円+税(編集部調べ)/資生堂

 

アイロンやホットカーラーからの熱から髪を守り、ダメージを防止。さらに補修・保湿成分があるため、ツヤと弾力のある美しい巻き髪を実現させることが可能!

 

2 巻きつけた毛束はスモールピンで固定

a_0490

1の毛束を巻くとき、少しずつ根元に向かってずらして巻くのがコツ。巻き終えた毛束は毛先でピンでとめます。普通のアメピンでは大きすぎるため、スモールピンを使うのがベスト。

 

3 ゴム上の毛束を指で引き出す

a_0489

片手でゴム部分をおさえながら、ゴム上の髪を指で少しずつ引き出して後頭部にふっくら感を与えます。まずは中央を引き出し、続いて左右の毛束も引き出して。3カ所くらいを引き出せば十分。

 

完成!

こなれ感のあるルーズテール

a_0449

a_0480a_0484

手グシでまとめたひとつ結びは、ベースに巻き髪をしておくのが重要。また、サイドの髪は手グシでタイトにしておくのも忘れずに。この部分をキュッと引きしめておくと、全体がルーズでもサマになります。

 

 

ボトルネックのときのハーフアップ

a_0495

この冬トレンドのボトルネックの場合、正面から見たとき顔まわりがすっきりしていると好バランス。ハーフアップは首もとをしっかり見せつつ、華やかさも出るので地味になりすぎずおすすめ。

 

1 ハーフアップした毛束をくるりんぱ

a_0545

こめかみラインの髪をバック中央でゆるめに結び、ゴム上の髪に空間をつくって毛束を通してくるりんぱを数回。親指とひとさし指、中指を空間の間に下から入れておくと通しやすくなります。

 

2 耳後ろの毛束もくるりんぱを

a_0540

1のすぐ下の毛束も数回くるりんぱ。最初につくったくるりんぱと距離が離れないように気をつけると,2本の毛束が密着してキレイ。

 

3 毛束のフチを引き出してスプレーをオン

a_0538

くるりんぱでねじりのついた毛束のフチ部分を、指で軽く引き出して動きをつけます。引き出したままの状態でハードスプレーをオン。仕上げにゴムの上に髪飾りをつけてフィニッシュ。

 

MRデコレーションキープスプレー

マシェリ デコレーションキープ スプレー

140g 700円+税(編集部調べ)/資生堂

 

巻き髪、まとめ髪、アップスタイルなどのアレンジスタイルの仕上げに使用。ハードなセット力でスタイルを長時間キープ。スモーキーカット香料配合で、フルーティーな香りが持続。

 

完成!

レディな印象のハーフアップ

a_0495

a_0528a_0530

顔まわりの髪をすっきりさせることで、首まわりが細く&長く見える美シルエットに。流行のボトルネックニットとの相性もバッチリ!

 

 

 

詳しいアレンジの方法はこの動画をチェックしてみてください!

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

美容ライター三輪順子

このライターの記事へ