1. >
  2. >
  3. 定番の“1つ結び” をさらに可愛く! ~プロの技で一気に上級アレンジに~

NEWS

定番の“1つ結び” をさらに可愛く! ~プロの技で一気に上級アレンジに~

今回はヘアアレンジの王道、可愛い「1つ結び」の作り方について解説!

「1つ結びなんていつもやってるし、特にこれから習うことなんてないよ」

とお思いのあなたに!

基本のヘアアレンジこそ奥が深いのですよ。

あなたの1つ結びはもっと可愛くなる!

プロにお教わった1つ結びのコツをお送りします。

では、どうぞ。

 

プロの1つ結びはココが違う! ポイント3つ

ヘアアレンジの中でも、簡単で基本のヘアアレンジ、1つ結び。

まとめてしばる、というシンプルな工程だからこそ、1つ1つのプロセスを丁寧に。

 

1  根元から指を入れて髪全体をまとめる

bnr2014121741

 

★プロのヘアレンジポイント ~手ぐしでふんわり~ ★

髪をまとめるとき、綺麗に見せようとクシやコームでしっかりまとめがちですが、

これではオシャレ感がでません。

まず、ここでポイントとなってくるのは、髪の根元から指を入れて

毛束の筋ができるようにまとめること

あまりピッチリしない感じがこなれ感を強調。

 

2  毛束をまとめるときは耳上ラインがベスト

bnr2014121749

 

 

★プロのヘアレンジポイント ~結ぶ位置で印象チェンジ~ ★

「1つ結び」と一言でいっても、その結ぶ位置で、印象はだいぶ違います。

これを知っていれば、シーンごとに印象チェンジが可能。

低めなら、上品に控えめに。高いと若々しく、活発な印象になります。

今回は、その中間、一番スタンダードな耳上の位置で。

どんな人にも似合いやすい位置になります。

そして、トップは毛束を引き出して、ふんわりと。(←トップをふんわりさせる秘密のテクニックはこちら

顔が引き締まり、オシャレ度もアップ!

 

では最後のプロセスにいってみましょう~!

 

3  耳横の毛束を引き出してたるみをつける

bnr2014121747

★プロのヘアレンジポイント ~さらにふんわり感をプラスしてこなれヘアに~ ★

ガッツリ耳に髪をかけてしまう人が多いかと思いますが、それでは可愛らしさは半減。

耳の半分が隠れるように、耳上の毛束を下に少し引き出す……これがポイント。

半端になるもみあげの短い髪は全部引き出して大丈夫。

 

 

そして完成!

bnr2014121743 bnr2014121742 bnr2014121744

 

・ざっくりと手でまとめた髪

・しばる位置

・耳横のたるみ

この3つのポイントを抑えると、ただの1つ結びでもオシャレに変身できるんです。

とにかくプロがする1つ結びには、「ラフさ」が大事なんですね。

 

 

(撮影/太田功一)

 

 

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターN.R

このライターの記事へ