1. >
  2. >
  3. 美髪になるには夜のアフターバスケアが重要です【巻き髪もやりやすくなります!】

NEWS

2016.02.23
ヘアケア

美髪になるには夜のアフターバスケアが重要です【巻き髪もやりやすくなります!】

美容院ではまとまりのある髪だったのに、自分で乾かすと髪が爆発!、なんて人多いですよね? 正しいアフターバスケア(乾かし方)を知れば、24時間キレイな髪がキープできます!

教えてくれたのはアフロートディルさん

20160223183302

アフロートディルさんの美髪マイスターがヘアケア法を教えます!

 

自己流だとこんなことありませんか?

20160223181557

濡れた髪に手を入れながら、真横からドライヤーを当てて乾かす習慣が。クセ毛で広がりやすい髪質のため、乾かすうねりが目立つ状態に。

 

夜の髪の毛の正しい乾かし方スタート!

 

1 洗髪後、乾いたタオルの上から指のハラで頭皮をタッピング(力を入れずにたたく感じで、頭皮を押す)。頭皮の水分をとるのがポイント。

20160223181617

2 毛先の方はタオルで優しく包み込み手でおさえるようにしながら水分をとる。髪が傷む原因になるので、こすらないように心がけて。

20160223181836

3 毛先を中心にアウトバス用のトリートメントオイルをなじませる。上から下になでるようにつけて。根元の方につけるとベタつくので注意。

20160223182101

4 分け目がつかないように、頭皮にジグザグに手ぐしをいれてドライヤーの道具を上から当てる。最初に少しだけ毛先の水分をとばしてもOK。

20160223181852

5 頭皮が乾いたら、中間から毛先は髪のクセをのばしボリュームをおさえるようにドライ。下を向いて斜め上45度の角度で片側を乾かす。乾かしたら逆側も同様におこなう。クセ毛でもなめらかにツルンと面が整った仕上がりに。同時にツヤも手に入る。

20160223182010

6 毛先はまとまりを出すために。毛先の少し上から下に向かって手ぐしを入れながら温風を当てる。髪表面のうろこ状のキューティクルが整う。

20160223182152

7 前髪は手を入れながら分け目を変えて乾かす。逆側も同様に。くっきりと分け目がつくのや前髪がぺたんとつぶれてしまうのを防止。これでふわっとした前髪ができあがり、翌朝も扱いやすい状態になるんです。

20160223182208

 

 

完成! 正しいアフターバスケアで、うねりのないサラツヤの美髪が実現。このベースを作っておけばアイロンも巻きやすくなります!

20160223190513

 

 

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターU.K

このライターの記事へ