1. >
  2. >
  3. アレンジすることを考えれば前髪はあえて長めにしましょう!

NEWS

アレンジすることを考えれば前髪はあえて長めにしましょう!

ヘアスタイルを決めるときにはヘアアレンジのことまで考えてカットしてもらうのが、おしゃれ上手。そこで、TCBが人気美容師に聞いた、アレンジのことまで考えたベースにするべきヘアスタイルを紹介。また、そのベースヘアを活かしたアレンジも紹介します!

 

 

前髪は目の上スレスレで長めにすべし!

アレンジのことを考えると重要なのが前髪。下ろしてさらっと、上げてすっきり、巻いてふわっと、流してゆるっと、とアレンジのときにそのテイストに合わせて自由自在にチェンジできちゃう長めがイチオシ。目の上ギリギリで透け感を出してカットするのが今季ならでは。

 

女子度がぐんぐんUP! お嬢さんなロングレイヤー

_MG_0376

ねじりアレンジや編み込みにぴったりのラウンドバングがアクセント。小顔効果もばっちり! ちょこっとアレンジでみるみる女子力が増していく魔法のような優秀ロングが誕生。

 

担当:新井智美さん/CANAAN

http://cawaii-hair.tokyo/haircata/salon/1000020/61/

 

カットポイント…ラウンドバングは長めが正解

_MG_0405

前髪は長めに設定し、ラウンド状にカット。両端が耳にかかるくらいの長さに残しておくことで、ねじりアレンジや編み込みのときに毛束を入れやすく、なじみがよくなる。

 

 アレンジするなら

透け感前髪と両サイドねじりでダウンスタイルも今っぽく

_MG_0629

前髪の量を減らして束感を作り、トレンドフェイスに! 毛先をワンカール巻くひと手間が、まわりに差のつくカギ☆ 顔まわりをすっきりおさえているので、ダウンスタイルもすっきり清潔感のある印象に見せられる。

 

32mmのアイロンを使用。中間〜毛先にかけて内外ランダムにMIX巻きにする。ニュアンス程度の動きがつけばいいので、細かく巻かず、ざっくり毛束をとって巻けばOK。

_MG_0697

黒部幅より外側の前髪は、それぞれ後ろ方向に向かってねじり、飾りピンでとめる。飾りピンは小さめが◎。生え際のうぶ毛がほんのり見えて、さりげなくピュアな表情を後押し。

_MG_0695

32mmアイロンで下ろした前髪の毛先をワンカール内巻きにする。ワックスを指先になじませたら、前髪をつまんで束感をつけ、すき間を作って整えたら出来上がり。

_MG_0692

 

1 2

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターU.K

このライターの記事へ