1. >
  2. >
  3. ヘアのこと知っておくべきKEYWORD-05「Cカール」

NEWS

ヘアのこと知っておくべきKEYWORD-05「Cカール」

そのコトバ、知らないのは私だけ? 雑誌などで何気なく目にしているけど、美容師さんから説明されるときも、なんとなく分かったフリしちゃう…。「実はよく分かっていない!」という声の多かったヘア用語を、実例画像つきで解説するコーナーです。

今回はシルエット編の第二弾として、コチラの用語をご紹介。

 

KeyWord-05 『Cカール(シーカール)』

パーマをかける際に、回転の強弱を表す言葉として用いります。文字の形「C」のようなカールを描き、「ワンカール」と呼ばれることもあります。

基本的には毛先から1回転~1.5回転するくらいのロッドを使用。髪にダメージがある場合はカールがつきやすいので、回転数を少なくするなどの工夫が必要になります。パーマの中では一番弱いカールなので、作りこみすぎないゆるっとしたスタイルが好みの方におすすめです。

また、パーマをかけずともアイロンを使ってスタイリングすることもできます。

 

 

レングス別のCカール

レイヤー、ストレート、クセ毛の有無など、ベースの髪形や髪質によってCカールが与える印象は変わります。顔周りに取り入れることで小顔効果を出したり、毛先をランダムにほぐして簡単にスタイリングができたりとアレンジの幅が広いのも特徴です。

 

『ボブ』

hair1

シンプルさの中にさりげなく可愛らしさをのぞかせて

 

hair3

毛先のふんわりカールで大人可愛いヌケ感

 

 

『ミディアム』

hair2

リラックスムード満点のゆるウェーブミディ

 

hair4

清楚なお嬢様ミディアムは女のコの憧れ♡

 

hair5

ラフなワンカールならショートバングも大人カジュアルにキマる

 

 

『ロング』

hair6

大人の女性を感じさせるリラックスカール

 

hair7

毛先ワンカールのストンとしたロングがお嬢さん風

 

 

覚えたらさっそくオーダーしよう!

比較的ナチュラルに仕上がるCカールは、校則が厳しくて髪形が自由にできないという学生さんにも人気のようです。また、シンプルなシルエットなので、冬時期はファーやフリンジにようにボリュームのあるトレンドファッションとの相性も抜群♪

ぜひお試しください!

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

ライター井上英恵

このライターの記事へ