1. >
  2. >
  3. ヘアのこと知っておくべきKEYWORD-06「グラデーションカット」

NEWS

ヘアのこと知っておくべきKEYWORD-06「グラデーションカット」

そのコトバ、知らないのは私だけ? 雑誌などで何気なく目にしているけど、美容師さんから説明されるときも、なんとなく分かったフリしちゃう…。「実はよく分かっていない!」という声の多かったヘア用語を、実例画像つきで解説するコーナーです。

今回はシルエットを作るうえで重要な技法でもある、コチラの用語をご紹介。

 

KeyWord-06 『グラデーションカット』

”グラデーション(gradation)”とは、英語で”段階、濃淡、徐々に変化していく様”という意味で、髪の上部から下部にかけて毛先が短くなるように細かい段差をつけてカットする技法のことです。同様に段を入れて動きを出す技法である”レイヤーカット”に比べてあまり大きな段差がつかないため、ボリュームと丸みのある印象に仕上がります。

主にショートヘアやボブに用いられるグラデーションカット。毛束を平行に持ち上げて毛先の角を削るようにカットしていくので、アウトラインに丸みをつけたりハネやすさを軽減したりと様々な効果をもたらします。また、どの範囲まで広げていくのか、どれくらいの角度でハサミを入れるかによって仕上がりに変化が生まれ、人とは違う個性的なスタイルを発見していくこともできます。

 

 

レングス&組み合わせ別のグラデーションカット

ショート~ボブにかけて、グラデーションカットを取り入れたスタイルをご紹介します。

 

『ショート』

画像1

モードな香りが漂うタイトショートでおしゃれ度最高潮!

丸いフォルムで重めに設定したベーシックなグラデーションショートです。髪が耳にかからないようサイドを軽く刈り上げることで、女性らしさを損なわない工夫をしています。

 

画像2

ガラリと印象を変えてくれるスモーキーアッシュの彩り

控えめなグラデーションカット×グラデーションカラーでメリハリのあるショートスタイルに♪ カラーはトレンドのアッシュ系をチョイスし、ところどころに束感レイヤーをプラスして立体的に仕上げています。

 

画像3

人と違いを出したいなら遊びのあるスタイルに

グラデーションカット×ふわくしゅパーマで毛先を思いっきり遊ばせたカジュアルショート。前下がりベースなので女の子らしさが残ります。

 

 

『ショートボブ』

画像4

短めのサイドにカールをつけてクラシカルな印象に

毛先に強めのカールをつけ、リッチなテイストに仕上げたスタイル。横から見るとコロンとした美しい3Dシルエットになっています。

 

画像5

リップラインで無造作に遊ぶなめらかな毛先で彼の心を惑わせて

ひし形シルエットの前下がりベースに、クセ毛風のパーマをオン。揺れ動く毛先とグラデーション部分とのメリハリをつけたスタイルです。

 

 

『ボブ』

画像6

髪がハネやすい人にもオススメのイングラデーションボブ

内側にグラデーションカットを施し、表面の髪は長めにカットすることで毛先をハネにくくしています。繊細な技術でお悩みを解消する優秀スタイルです。

 

画像7

大人っぽいのにどこか可愛い立体感のあるボブスタイル

グラデーションカット×レイヤーカットでふんわり仕上げた、毛量が多い方におすすめのボブ。前髪はセンターパートで大人っぽさを出し、全体に細かいハイライトを入れて立体感をメイクしています。

 

 

覚えたらさっそくオーダーしよう!

ボーイッシュになりすぎないところが嬉しいグラデーション・スタイル。レイヤーでナチュラルな動きを作るスタイルが人気な中、グラデーションカットを取り入れて周りのコに差をつけちゃいましょう!

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

ライター井上英恵

このライターの記事へ