1. >
  2. >
  3. ヘアのこと知っておくべきKEYWORD-02「バング」

NEWS

ヘアのこと知っておくべきKEYWORD-02「バング」

そのコトバ、知らないのは私だけ? 雑誌などで何気なく目にしているけど、美容師さんから説明されるときも、なんとなく分かったフリしちゃう…。「実はよく分かっていない!」という声の多かったヘア用語を、実例画像つきで解説するコーナーです。

今回はヘアスタイルを説明するうえで最も登場率の高い、コチラの用語をご紹介。

 

KeyWord-02『バング』

額にかかる前部分の髪…つまり前髪のことです。“○○バング”といったように、他の言葉と組み合わせて見かけることが多いのではないでしょうか。また、前髪を強調したヘアスタイルのことを”バングスタイル”と称することもあります。

前髪はスタイルによって顔の印象を大きく左右します。そのため、ちょっとイメチェンしたい時などには効果的です。モデルや芸能人が前髪を切ったというニュースや特集を目にするのにも、前髪は当人のアイコンともいえるパーツなので注目度が高く、流行になり得るからといえるでしょう。

 

 

バングの種類

数ある呼び名や種類の中で、人気があるものやトレンドをいくつかご紹介。

 

『流しバング』

その名の通り、横に流した前髪。大人っぽく 仕上げたいときにおすすめです。

たとえばこんなスタイル↓

rcmapi

詳細を見る →http://cawaii-hair.tokyo/haircata/style/1001198/

 

 

『ショートバング』

眉上バングやオンザ眉…などと呼ばれることも。短い長さの前髪で、ちょっと個性的にしたい方に人気。

たとえばこんなスタイル↓

rcmapi

詳細を見る →http://cawaii-hair.tokyo/haircata/style/1001282/

 

また、長い部分と短い部分をアシンメトリー状に仕上げることで、前髪を出してパッツンにしたり横に流したりと2WAYで楽しめる”ダブルバング”がトレンドに。女優の武井咲さんやアナウンサーの夏目三久さんなどがブームの火付け役のようです。

 

 

『厚めバング』

毛量を少なくせず、前髪をしっかり残したスタイル。重めバングと呼ばれることもあり、後ろ髪を軽めのレイヤーorパーマスタイルにすることで重たい印象を軽減するスタイルは根強い人気が。

たとえばこんなスタイル↓

rcmapi

詳細を見る →http://cawaii-hair.tokyo/haircata/style/1001373/

 

 

『シースルーバング』

今最も注目を浴びているスタイルです。バブル時代に”トサカ”と呼ばれ大流行したヘアスタイルに少し似ていることで敬遠する方もいるようですが、リミックスされた現代版では清楚で透明感の高いイメージに。

毛量を少なくし、すき間からチラリと額が見えるこのスタイルは、すき間が縦のラインとなり顔が細く見える効果があります。

たとえばこんなスタイル↓

rcmapi

詳細を見る →http://cawaii-hair.tokyo/haircata/style/1001433/

 

石原さとみさんや益若つばささん、Ray専属モデルの鈴木愛理さんなどもシースルーバングにしたことで話題を呼んでいます。

 

 

覚えたらさっそくオーダーしよう!

今回ご紹介した以外にも前髪には色々なスタイルがあり、そのなかで自分に似合うものや好みのデザインを見つけるのも楽しそうですね。美容室には前髪だけをカットしてくれるメニューがあります。軽くイメチェンをしたい方や、セルフカットで失敗してばかり…という方はぜひ利用してみては?

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

ライター井上英恵

このライターの記事へ