1. >
  2. >
  3. 【連載】サロモの美のヒミツ【vol.14 関根苑子さん】

NEWS

【連載】サロモの美のヒミツ【vol.14 関根苑子さん】

サロモ=サロンモデル。ヘアサロンのHPやヘアカタ、各ファッション雑誌のヘアページ、広告などでその名の通り、スタイリストが作り出すヘアを表現するモデルさんのコト。朝早くからの撮影&本数も多く、美のコンディションを保つためにもひと苦労がありそう……ということで、彼女たちが普段持ち歩いている、美容アイテムをチェック。その美のヒミツをインタビュー形式でクローズアップします。

連載14回目はこのサロモさん!

 

rcmapi

関根 苑子さん プロフィール

せきね そのこ。大学1年生のときにモデルハントされ、主に赤文字系雑誌の読者モデルとして活躍し、Ray本誌では私服コーディネートページやメイクテーマなどに多数出演。また、所属している大学のミスコンでは準グランプリに輝くなど同年代から絶大な支持を得ている。そんなスーパー女子大生・関根さんのことが気になる方はこちらをチェック↓

 

関根苑子のはぴねすDAYS →http://ameblo.jp/nkrsnk417/

 

Twitter →sononon22

 

このヘアスタイルの解説はコチラ http://cawaii-hair.tokyo/haircata/style/1001026/

 

rcmapi (1)

このヘアスタイルの解説はコチラ http://cawaii-hair.tokyo/haircata/style/1000646/

 

 

 

お気に入りのアイテムその1

20150519_231059442_iOS

ディオール アディクト リップ マキシマイザー(約3,500円)

「グロスタイプのリップトリートメントで、カプサイシンが配合されています。唇をボリューミーに見せてくれるところがお気に入りで、リピート買いしてからもう5本目! 口紅をつける前にひと塗りと、つけた後にもうひと塗りするのがポイント。うるつやで魅力的に仕上がるのでオススメですよ。口紅はM・A・Cのピンクを使ってます♪」

 

 

お気に入りのアイテムその2

20150519_231208681_iOS

ヴィーナススパ プレミアムボディミスト チェリーブロッサム 85ml(約1,500円)

「香りフェチの友人が色々探したなかで“これが似合うと思う!”と言って、誕生日にプレゼントしてくれたものです。デコルテと足元にシュッとひと吹きして、ふんわりと空気を含むように香らせるのがコツ。お花とフルーツの香りで万人受けするし、高級感のあるボトルなのに割れない仕様だから持ち運びにピッタリなんです。」

 

 

お気に入りのアイテムその3

20150519_231513358_iOS

ディオールスノーホワイト ピュア&パーフェクト 020(約7,000円)

「SPF30でUVカット効果があるので、夏に限らず年中マストなアイテムです。私が使っている色は2番目に明るいライトベージュ。スポンジで軽くとったら肌の上をすべらせるようにつけるだけで、ムラのないお肌が完成♪ 乾燥肌でもヨレにくいので、頼りにしています!」

 

 

◆関根さんの美をキープする3カ条◆

 

 

1. スキンケアはシンプルに!

デイリーケアをするうえで特別なことやアイテムにこだわったりしないという関根さん。しかし1点だけ、どうしても譲れないスキンケアの方法があるのだそう。

 

「通っている皮膚科の先生に“手は雑菌が多いので、ベタベタと顔に触るとニキビや肌荒れの原因になりやすい”と教えてもらいました。それ以降、スキンケアは手ではなくコットンを使うというのがマイルールに。

手順はまず、極潤化粧水をコットンにたっぷり含ませて肌を潤わせます。次に保湿効果の高いアクアレーベルの乳液もコットンに含ませて上からカバーして完成。シンプルとはいえ、乾燥しないように保湿ケアは取り入れたいですね。」

 

 

 

2. 顔と身体は定期的にメンテナンス

「体重計に乗るだけのお手軽ダイエットがオススメです! 体重の変化を毎日感じることで食事量などに意識が行き渡るようになりますね。あとはお風呂上りのストレッチと1日30回の腹筋をして、スタイルキープに努めています。

そして撮影前に必ず行くのが“骨気(コルギ)”。韓国式の小顔矯正エステに通ってむくみがたまりすぎないように気を付けています。」

 

 

3. 美容のプロと情報交換♪

「撮影で一番長くお世話になるのが美容師さん。サロンに行ったときや撮影現場では、いつも色んなお話をしています。美容師さんはトレンドに敏感な方が多いので、流行っているコスメやメイク法、知らなかった美容知識を教えてくれるのでとっても刺激になります!

この間は“おフェロメイク”のやり方を教わりました。クリームチークを目の下に伸ばしたら、シルバーラメを目と頬の間に入れると立体感が出るのだそう。あとはツヤっぽい肌を作るためにはニベアの青缶をうすく塗るといいらしく、普段のメイクにも取り入れてます♪」

 

美容師さんは撮影現場や自分の作品を撮る際、ヘアのみならず洋服からメイクに至るまでのすべてを担います。トータルバランスを見ることに長けているので、おしゃれ迷子になったときは美容師さんに相談してみるとアドバイスがもらえるかも知れませんね。

 

 

次回もぜひご覧ください♪

美しさを保つために努力は不可欠。「分かってるけどそんなにお金と時間かけられないよ〜!」という方でも、

いつでも持ち歩けるお手軽アイテムや簡単な美容法など、マネしやすいものがたくさんあります。

きれいのヒントがきっと見つかる・・・この連載をお見逃しなく!

 

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

ライター井上英恵

このライターの記事へ