1. >
  2. >
  3. 【第3回目・前半】たった6巻きでゆるふわヘアになるカットはこれでした!

NEWS

【第3回目・前半】たった6巻きでゆるふわヘアになるカットはこれでした!

もう、どこの家庭にも、1本はあるのではないかという、ヘアアイロン。うちにもあります。

でも、実際に使っていますか。

 

これを書いているナミキも、(きっと家のあそこにあるんだろうな…)と検討がつく場所はあるのですが、

実際に使うのは…、休みの日に誰かと会う日とか、友達と遊ぶときとか。

でも、そんな頻繁に遊ぶこともないので、車の免許と一緒でペーパーになりつつあるのです。

(車にも、全然乗ってないな~…)

 

 

そんなナミキが今回、

家で簡単に作れる、ナチュラルな巻き髪を教えていただきに

表参道の人気美容室を訪問。

 

 

たった4箇所巻くだけで、ふんわり巻き髪スタイルに!?

その秘密は巻く前のカット方法にあった!?

 

 

そのプロセスを

前半、後半に分けてご紹介します。

 

 

では前半、スタート。

ある日――

 

表参道駅を出て、歩くこと5分。

キレイなガラス張りの外観のお店が。

中に入ると、木の優しい質感にほっこり…。

ここが今回お世話になったヘアサロン「Un ami omotesando」です。

bnr2014122105

 

 

そして、担当してくださったのは、トップスタイリストの津村佳奈さん

bnr2014122102

 

ヘアカットのみならず、ヘアアレンジやメイク、・撮影の衣装なども手がける、今注目のスタイリストさん。

とても話しやすく、私の些細な相談にも乗ってくださいました。

 

 

 

ナミキ「家でも簡単にできる、ナチュラルな巻き髪を教えていただきたいんです。」

津村さん「じゃあ、まずはカットで巻きやすい髪のベースとなる部分を作っていきましょう!」

ナミキ「よろしくお願いします!」

 

ナミキ BEFORE

bnr2014122101

 

まずはシャンプーから。そこでのちょっとしたエピソード。

天気が良かったこの日。美容室に到着したとき、少し汗をかいてしまっていました。

(まずい…取材なのに汗がなかなか引いてくれない!)

そんなナミキを察してくださった、アシスタントさんが

「これくらいの温度でどうですか? ちょっと温度を下げてみました」

とシャンプーのときにお湯をゆるめに設定してくれたのです。

 

 

その心遣いに感動…。

 

 

ベストな水温と

ベストなマッサージの強さで

思わずそのまま寝てしまいそな気持ちのいい

シャンプーの時間がゆっくり終了。

 

 

そしていよいよカット……

 

 

巻き髪を自分でつくれる!? ベースとなるカット方法

 

 

津村さん「ナミキさん、ちょっと毛量があるので、先にそこを巻きやすい量に調節していきますね」

 

POINT1 毛量が多いので、レザーで調節

bnr2014122103

 

レザーとは、カミソリのこと。

髪をそぐように使います。これにより髪の断面が斜めになり、

ランダムな動きのあるヘア、柔らかい感じを作り出せます。

 

この美容室のお客さんにも、髪に“軽さ”を求める人が多いとのこと。

毛量を減らすと、髪を洗ったり乾かしたり…と扱いがラクになりますからね。

 

 

津村さん「じゃあ、次は、一巻きしただけで自然なふんわり感が出るように

髪にレイヤー(段)を入れていきますね」

 

 

POINT2 レイヤーで見た目に軽さを出す

bnr2014122104

この後、アイロンで巻いたときに、キレイなカールが広がるように、丁寧にレイヤー(段)を入れておきます。

最後にランダムにハサミを入れ、まだ重い髪の内側をカット。

しっかりレイヤーを入れるのがポイントです。

 

 

 

次回はいよいよヘアアイロンで巻いていきます。

カットでしっかり巻きやすい土台を作っているので、巻きのプロセスはとても簡単!

 

お楽しみに!

 

 

サロン情報(取材した2014年12月現在)

Un ami omotesando(アン アミ オモテサンドウ)

東京都渋谷区神宮前5-6-13 ヴァイス表参道1F

http://www.un-ami.jp/omotesando/

☎03-5774-1011

bnr2014122105

 

(撮影:土佐麻理子)

 

 

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

エディターN.R

このライターの記事へ