1. >
  2. >
  3. 「俺のヘアサロン」シャンプーボーイから輝くプレジデントへの軌跡 U-REALM CEO 高木裕介さん【後編】

NEWS

「俺のヘアサロン」シャンプーボーイから輝くプレジデントへの軌跡 U-REALM CEO 高木裕介さん【後編】

連載第6回目の今回は「U-REALM(ユーレルム)」CEOの高木裕介さんが登場。

2005年にU-REALMオープン以来

グループサロンは8店舗(直営店3店舗、フランチャイズ3店舗)にまで成長。

20代前半から頭角を現し、

39歳になったいまも美容師として、CEOとして

多くのフィールドで活躍をつづける高木さん。

決して平たんな道ばかりでなかった、その歩みをお伺いしました。

 

前編はこちら

「俺のヘアサロン」シャンプーボーイから輝くプレジデントへの軌跡 U-REALM CEO 高木裕介さん【前編】

 

FILE.6

U-REALM-ユーレルム-

CEO、ヘアスタイリスト

高木裕介さん

高木裕介さん

1977年8月15日生まれ、北海道出身

山野美容専門学校卒業後、SHIMAに入社。

その後、都内ヘアサロンULTRAⒸ勤務、AFLOAT店長を経て

2005年U-REALMをオープン。

2013年L.O.G by U-REALMをオープン。

現在は直営店5店舗、FC3店舗を展開。

サロンワークではタレント、モデル、メジャーリーガー等を顧客に抱えるほか、ファッション誌、テレビCMのヘア&メイクも手がける。

2012年「東京ブレンド」の立ち上げに参加し、全国のセミナーでも活躍。

今年は新宿、渋谷に新店舗をオープン予定。

 

 

 

U-REALMのオーナーになってから襲いかかった試練

 

Q.そこから現在に至るまで、順風満帆でしたか?

 

A.実は1度サロンが傾きかけたことがありました。

オープンして間もなくから、女性誌のファッションページのヘア&メイクを担当する機会が増えたんです。

 

それをきっかけに、人気タレントさんのヘア&メイクをしてみないか? というお話をいただき、TVやCM中心の仕事を約6年間続けました。

その間、サロンに出られるのが週1程度となってしまい、気付いたら経営はメチャクチャ。

寝る間を惜しんで働いているのにお金がない、という状態に陥っていました。

自分の仕事でいっぱいいっぱいで、人任せにして、きちんと経営を見ていなかった。

 

いつの間にかU-REALMの名前が雑誌、業界誌、イベントから消え、サロン内の空気もとても悪くなっていたんです。

オープンのときにいた20人のスタッフは8人まで減っていました。

 

 

Q.その日から現在に至るまでに、どのようにして立て直しを?

 

A.経営が最悪の状態にまで陥った2011年。

このときは感情がなくなり、自分の目か光が消えたことを実感しました。

本当に追い詰められていたと思います。

ヘア&メイクの仕事をいったん辞め、資金がなかったのでフランチャイズ契約を打ち切ってもらうことにしました。

新たな顧問税理士さんについてもらい、銀行からの借り入れの相談にも乗ってもらいました。

そして「一からやり直そう」と心に決めました。

まずは雑誌に出られるようにしよう。

スタッフの教育に力を入れ、

業界誌にも出られるようにしよう。

美容師の集まりにも積極的に顔を出すようにしよう。

有名店としての地位をもう1度確立しよう。

そう誓ったんです。

 

 

ただ前を見て、サロンの立て直しに集中をした5年間

 

Q.2011年からの再スタートの歩みについて、教えてください。

 

A.改めて街の流行を見たところ、「時代はきゃりーばみゅぱみゅ」という感じになっていました。

これがまた僕の苦手とする分野(スタイル)で(笑)。

サロンをこれからガッと上に上げたいと考えたときに「スタッフはもう少しカジュアルなものを作れないといけないんだろうな」と実感しました。

 

それで、勢いのあるGarlandの榊原さんやBelleの飯田さん、カメラマンの永谷さんに講習を開いてもらい、スタッフにカジュアルなスタイルを見せたい、と思いました。

その話を持ち掛けたときに、他のメンバーも加わりどんどん話が広がって。

これが「東京ブレンド」(サロンの垣根を超えた美容師集団)設立のきっかけになりました。

2011年の震災をきっかけに美容師によるチャリティーイベントも増えてきていたので、そういったことにも参加できたらいいな、と。

 

U-REALM全体のことで言えば、この5年で8人から80人にスタッフ数が増えました。

1度辞めて、また戻ってきてくれたスタッフもいます。

キツいときにスタッフがいなかったのは、さらにキツかったので、それがトラウマになってしまって(苦笑)。

スタッフが辞めない環境づくりにも力を注ぎました。

 

 

Q.「スタッフが辞めない環境づくり」。これは具体的にどのようなことを?

 

A.店を辞めるときに考えることは「お金が欲しい」か「自由が欲しい」。

だいたい、このどちらかだと思うんですね。

さらに僕が前提としていることは「歳をとればとるほど、売り上げは必ず下がる」ということ。

だから、35歳ぐらいで店のオーナーになっているといいんです。

オーナーになれば、(売り上げが下がって)自身のお給料は少なくなったとしても、接待などには経費を使うことができます。

教育に力を注ぎ、スタッフが育ち、サロンが大きくなって利益が増えれば

使える経費だって増える。

だから自分のことだけでなく、お店のことを考えて動くようになる。

オーナーであれば、時間のやりくりも自由です。

 

この考えをもとに、U-REALMグループはサロンづくりをしています。

たとえば、吉祥寺店(Lino by U-REALM)のオーナーは吉祥寺店のオーナーをしながらU-REALM omotesandoでスタッフとして働くこともある。

各店舗の社長がここ(U-REALM omotesando)でも働くという形式をとることによって

技術や経営、教育に関して孤立せず、相談もできるわけです。

各店舗のスタッフ全員が集まっての忘年会や社員旅行もあったりしますよ(笑)。

 

 

Q.愛を感じます! こういった経営スタイルはどうやって学んだんですか?

 

A.お金がない、自由がない。

これは自分の経験上、最もイヤだったことなので、そういう想いを下にさせたくない、というのが大きいですね。

あとは相変わらず飲みに行って(笑)、多くの経営者の話を聞くことで、現在の経営スタイルにたどり着きました。

 

 

トップに立ったいまも、初心に立ち返ってカットの勉強を

 

Q.今後の目標を聞かせてください。

 

A.年間に入ってくるスタッフが辞めないでオーナーになっていく。

そう考えると今後50店舗ぐらいまではサロンが増えるのかな、と。

今年は、新宿と渋谷にオープン予定です。

新宿東口には戦略的にオープンし、僕自身と吉祥寺店のオーナーが半々で経営していくカタチをとっていきます。

渋谷は、スタッフの想いで出店する、という感じで。

昨年の夏にオープンした湘南のFAIR by U-REALMも海が大好きなスタッフが想いを込めて出店したサロンです。

戦略的な部分と想いを込めての出店で、今後も全国にU-REALMが増やしていくのが目標です。

 

まずは人を育てること。

それによって、利益が生まれれば、スタッフは安定した生活を送ることができます。

また僕自身やまわりも新たなことに挑戦できる。

そういった相乗効果を生み出したいと考えています。

 

僕自身のことで言えば、今年は初心に戻ります。

PEEK-A-BOOのスクールに通い、ベーシックな切り方を見直す予定です。

ふわっとしたもの、ミーハーなものに関してはやり切った感もあるので。

 

 

もうひとつは、「東京ブレンド」が“ブレンドファミリー”という会員制になったので、全国の美容師さんも巻き込んで発展していければ、と願っています。

最近は、地方サロンの人材不足が深刻になっているので、リクルート面での力添えもしたいです。

 

 

Q.講習の機会もますます増えそうですね。高木さんは以前から人前で話すのが得意なんですか?

 

A.飲み屋で1対1で話したりするのは好きですぐに友達になっちゃうんですが、実は人前で話すのは苦手です。

若いころは人前に「出たい、出たい!」と思っていたのに。

実際人前に出たらあがってしまって、メッチャ向いてなかったんですよ(笑)。

でも、やるしかないですね!

 

 

Q.22才から頭角を現し、活躍を続ける高木さんに最後にお伺いします。SNS主流時代のいま、高木さんが若手美容師だったら何をしますか?

 

A.僕がいま25才だと仮定したら…。

とにかくツイッターやインスタのフォロワー数を増やすように努力します。

いまの時代、かわいいスタイルだけをアップしても、フォロワーってなかなか増えないと思うんですね。

いまなら“髪の博士になる”というのが僕のイチオシです。

「こういうことをしているから、髪が傷んでいるんですよ。

だから僕のサロンに来たら、こうしてダメージを解消しますよ」とマニアックなぐらいに説明してあげる。

ヘアケアにとにかく詳しくなって、髪悩みに全部応えられる、といいと思います。

 

 

Q.貴重なお話、ありがとうございました! 今後のご活躍も楽しみにしています。

 

A.こちらこそ、ありがとうございました!

 

 

U-REALM omotesando-ユーレルム 表参道-

 

U-REALM内観

 

多くのタレントさん、モデルさんも通う人気サロン。

インテリアひとつひとつにこだわった

おしゃれな空間は、いるだけでハッピー気分に♪

お客さんの要望以上のクオリティーを追及しつづける

スタッフが集まっているので

出会いの季節のヘアチェンジにもオススメです!

 

 

東京都渋谷区神宮前5-6-13 ヴァイス表参道2F

 

電話:03-5778-0529

 

定休日:なし

http://u-realm.com

 

東京ブレンド 1

様々なひとや様々な考え方を持った美容室、美容師を

巻き込んでそれぞれのお店のブランドをブレンディング。

大きな風を起こし美容界を盛り上げようとする会=「東京ブレンド」。

 

 

東京ブレンド2

フォト―セミナーでは、目で見たものと写真になったときの違いをレクチャー。

人前で話すのが苦手という高木さんですが

熱い想いを持って、次世代の美容師さんたちに丁寧に解説を。

 

 

高木さん作品1

 

高木さん作品2

 

この2点は“作りこまずラフに。でも実は、精密な計算がされた”

高木さんの真骨頂とも言える作品。

その人自身も知らなかったかわいさを引き出す高木マジックは

多くの女のコをトリコにしつづけています。

HPにもヘアスタイルが充実しているので、ぜひ参考にしてみて。

 

 

 

 

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

美容ライター上條華江

このライターの記事へ