1. >
  2. >
  3. 【第2回目・前半】黒髪アイドル風ヘアになる! 正しいシャンプーの仕方

NEWS

【第2回目・前半】黒髪アイドル風ヘアになる! 正しいシャンプーの仕方

2014年7月23日水曜日。表参道にあるヘアサロン“Garland” にて――

 

ナミキ:「あ、ついに今切りましたね! 真木さん! 切りましたね! 」

真木さん:「はいはい。切りましたよ~」

 

こうして、新人編集者ナミキは、小学校からのロングヘアにサヨナラしたのです…… 。

 

さて、第1回目では「黒髪ロングのまま小顔ヘアに」というテーマのもと、

apish jenoの堀江昌樹さんに髪を切ってもらいました。

 

そして、今回は「黒髪のままアイドルのようなヘアになる」をテーマに、

表参道にあるGarlandという人気サロンのトップデザイナー、真木 遊さんにカットをお願いしました。

 

いや、なぜわざわざ「アイドル風」をセレクトしたのかというと、

私は、黒髪=石原さとみさんというイメージが強く…。なら、黒髪のまま可愛らしく=アイドル風にしていただこう…と。

そうなったわけなのです。

髪を切る前……

 

ナミキ:「真木さんが考える“アイドルヘア”ってどんなヘアになるんでしょうか」

真木さん:「私が思う“アイドルヘア”のポイントは4つありまして……」

・ロングではなく、ミディアム

・サイドの髪を姫カットで小顔に

・前髪のすき間空けでさらに小顔に

・ドライヤーのときに、手ぐしで伸ばしてサラサラヘア

 

ナミキ:「…ミ、ミディアム」

真木さん:「今、長いですもんね」

編集N BEFORE

編集N BEFORE

 

ナミキ:「はい。小学校くらいからずっと、この長さなんです。伸びてきたら長さを変えずに、傷んでいるところだけをカットしてもらい……を繰り返して。」

真木さん:「へえ、すごい。いい機会じゃないですか。切りましょうよ」

ナミキ:「切るんですか」

真木さん:「切りましょうよ」

ナミキ:「……」

ナミキ:「…よし、切りますか!!」

 

まずはシャンプー

シャンプーを担当してくれたGarlandのアシスタント、松本さんは、私と同じ21才

bnr2014121751

 

専門学校を卒業後すぐに、このGarlandに入ったそう。どうやって、面接を受けたのか聞いてみると、

面接書類には、顔写真だけでなく、全身写真も貼り付けるとのこと。

 

松本さん:「やはり接客業ですからね。服の雰囲気とか、そういうところのセンスも大事なのかもしれないですね」

松本さんは、関西出身らしく、話のテンポが心地いいのです。

 

いつもはシャンプー中、緊張して黙っているナミキですが、今回は、楽しくおしゃべりできました。

 

 

Garland アシスタント松本さんが教える! 髪が喜ぶシャンプーの仕方

 

POINT1 シャンプー:空気:水=1:1:1で

泡に空気をふくませるように、全体的に揉み込むように、指の腹を使いながら洗うと、泡が地肌まで届き、キレイに洗えます。

 

POINT2 男性もスタイリング剤がついている髪は二度洗いを

シャンプー1回目は、泡立てるだけ。髪の表面のホコリやフケをとります。

そして2回目のシャンプーで、皮脂や、スタイリング剤をしっかり落としていきます。

 

 

さてさて……

いよいよ真木さんのカットなのですが……今回はここまで。ごめんなさい。

⇒この続きは後半で……

 

 

今回スタイリングを担当してくれたのは……

Garland 真木 遊さんbnr2014121753

 表参道にある人気サロンGarlandのトップデザイナー。

繊細なカットでお客様の魅力を最大限に引き出す。ヘアにとどまらず、メイクの評判も高く、ファッション誌でも活躍する若手実力派。

 

 

(撮影:高橋陽平)

 

サロン情報(取材した2014年7月現在のものです)

Garland(ガーランド)

東京都渋谷区神宮前5-16-3

http://garland-tokyo.jp/

☎03-5778-3800

定休日 月曜日

rcmapi

 

 

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

エディターN.R

このライターの記事へ