1. >
  2. >
  3. 【FILE.6】DADA CuBiC 永江浩之さん【プライベート編】

NEWS

【FILE.6】DADA CuBiC 永江浩之さん【プライベート編】

1999年に流行語大賞に選ばれた「カリスマ」。インターネットの発達と共に情報量が膨大となり、身近な存在にファッションの手本を求めることでショップ店員や読者モデルが大ブームに。人の心を惹きつけてやまない人達が「カリスマ」と呼ばれ、各業界を賑わせていました。

そんな中で美容師もブームの一端を担い、ファッション界のみならず美容界を大いに盛り上げ、その人気ぶりは「カリスマ美容師」のキーワードのもとキムタク主演のドラマが放送され視聴率が50%を越えたほど。彼らの活躍ぶりは雑誌やメディアに留まらず、ネット社会となった現在においてはブログやYoutube、SNSなどを使い あらゆる形で常にトレンドを発信し続けている。

時には美の提案者として、時には頼れる友人として親しまれる「現代のカリスマ美容師たち」。この連載では彼らの人物像にスポットをあて、仕事やプライベートについてをQ&A形式でご紹介します。

 

前回の記事を見る →【お仕事編】

 

連載6回目はこの方

1208Ra-005_0126-425x640

DADA CuBiC 永江 浩之さん

神奈川県出身。

2004年入社以降、持ち前のセンスを生かしたヘアデザインで頭角を現し、2013年に行なわれたヘアコンテストでは大会初となる5冠受賞を達成。

お客様の個性をスパイスとしてミックスさせたオンリーワンなスタイルが得意。ビッグチェンジしたいお客様も多く、カット後はヘアに合わせて新しい洋服が欲しくなる! と、ショッピングに出かけるお客様が続出。

 

【永江さんが手がけたヘアスタイルを見るにはココをクリック

 

 

永江さんってどんな人? ~プライベート編~

DSC00798

 

Q1. 好きな女性芸能人、もしくは好きなヘアスタイルは?

 

A. 宮沢りえさん

凛とした女性に惹かれます。強い信念を秘めたような瞳とか、芯がある人は男女問わず格好良いと思います。

 

 

Q2. 昔からの趣味、興味があったものは?

 

A. 歴史

昔から人物のキャラクターや経歴に興味があって、伝記を読むのが好きでした。歴史ものでは戦国時代が特に好きで、文献によって解釈が異なるのが面白くて夢中になってましたね。仕事編でもお話ししたように、ルーツを辿るような思考回路が今でも残っています。

 

 

Q3. 大人になってから好きになったものは?

 

A. カメラ、料理

ヴィンテージのフィルムカメラをいくつか持っていて、大人になってからフィルムの楽しさに目覚めました。デジカメのような自動補正が無いので天気や明るさ、写真の焼き方で仕上がりが大きく変わる。一瞬一瞬が大切な分、いいものが撮れたときの達成感は大きいです!

料理は凝ったものとかではなく、毎日飽きないようなものを何かしら作ってます。

 

 

Q4. 毎日欠かさずにおこなっていることは?

 

A. コーヒーを淹れること

 

 

Q5. 休日に遊びに行く場所やお気に入りのスポットを教えてください

 

A. 下北沢、みなとみらい、鎌倉

竹林で有名な鎌倉の報国寺がお気に入りスポットです。あとは映画館に足を運んだり、アートスナップ集・写真集を探しに下北沢の古本屋巡りをしたりと、ぷらぷらゆっくり過ごすのが好きです。

 

 

Q6. 一ヶ月のお休みがもらえたらやりたいことは?

 

A. 海外ふらっと旅

観光ではなく、思うがままに歩く旅がしたいです。国が古来から守っている伝統芸やそこで暮らす人々の人柄などを肌で感じたい。今行きたいところはインド、チベット、モロッコあたりですね。インドでは川や秘境を、モロッコは世界遺産にもなってる旧市街、チベットは写真集で見た景色を探しに行けたらいいな。

 

 

Q7. 世の女性たちに、きれいでいるために意識してほしいことは?

 

A. 新しい自分を発見すること

メイクを変えたり、ファッションジャンルを変えたり“新しい自分”を発見する方法は色々ありますが、僕はヘアスタイルを変えることでそのお手伝いができると思っています。お客様にはぜひ、様々なヘアスタイルに挑戦してほしいと思っていますが、全体的にばっさりカットしなくても、顔周りのカットで雰囲気をガラリと変えることもできるんですよ。だから「いつもと同じ感じ」ではなく、“新しい自分”を楽しみにサロンへいらしてください!

 

 

永江さんのヘアスタイル

ヘア

今まではボウズに近い髪型からロングまで、様々なヘアスタイルにしていましたが、最近はパーマスタイルで、カラーはダークな色合いに落ち着いています。全くこだわらないことが、自分のこだわりになっていますね。

カットはスタイリストの新田に「似合うようにして」と頼んでやってもらっています。

 

<スタイリング方法>

1. かっちりとさせるのではなく、基本的には素髪の状態で。

2. パーマ感をしっかり出したいときはムースをもみ込む。

 

 

FILE6. プライベート編でした!

もっと永江さんのことが知りたい! という方は、

カッターとカラーリストの分業システムでクオリティーの高いスタイルを提案!

新しい魅力に出逢えるDADA CuBiCへ足を運んでみては?

 

前回の記事を見る →【お仕事編】

 

 

店舗情報

rcmapi

DADA CuBiC(ダダ キュービック)

住所:東京都渋谷区渋谷1-19-5 渋谷美竹ビル1F

電話:03-5766-8282

定休日:月曜日、第2火曜日(祝日の場合は営業、翌日休み)

http://www.dadacubic.co.jp

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

ライター井上英恵

このライターの記事へ