1. >
  2. >
  3. 「俺のヘアサロン」 シャンプーボーイから輝くプレジデントへの軌跡 CUZCO代表取締役 池田晋一朗さん【後編】

NEWS

「俺のヘアサロン」 シャンプーボーイから輝くプレジデントへの軌跡 CUZCO代表取締役 池田晋一朗さん【後編】

連載第2回目は、「cuzco-クスコ-」代表の池田晋一朗さんが登場!cuzcoではヘアサロンにジルスチュアート、アディクションといった

人気コスメブランドを併設した「ビューティーラウンジ」を展開。ヘアメイクとしても多くの俳優、タレントに支持される池田さんに

多角度から美容のお話をしていただきました。今回はその後編です!

 

前編の記事はこちら!

http://cawaii-hair.tokyo/interview/5112/ 

 

 

FILE.2

cuzco-クスコ- 代表取締役/ヘア&メイクアップ アーティスト

池田晋一朗さん

 

cuzco1池田さん

 

1974年11月19日生まれ、東京都出身。

1991年17歳のときに、青山の有名サロンに入社。

夜間専門学校に通いながら、美容師免許を取得。

1997年よりヘア&メイクアップ アーティストとしての活動を開始。

2008年 青山の有名サロンを離れ、独立。

2013年9月13日 「cuzco ビューティーラウンジ」をオープン。

 

ヘア&メイクアップ アーティストとしては「晋一朗」の名前で活動。

多くの俳優、タレント、アーティストから支持を集め、

広告、ファッション誌、ミュージックビデオなどでヘア&メイクを担当。

化粧品ブランド、ヘアケアブランドなどの新作発表会では

トークショーやヘアショーをおこない、企業からの信頼も厚い。

 

 

“この世にないものをつくる”だから、負けない

 

Q.池田さんも段々やる気になってきたわけですね!

 

A.同期が何度もメールをくれて、話をしているうちに、またやってみたい! と少しずつ思えるようになりました。

経営についての勉強を進めながら、2011年に「株式会社 cuzco」を設立。

そこから、本気の物件探しが始まりました。僕は初めから、メイクアイテムも一緒に扱いたい、コスメカウンターを併設したい、という希望があったんです。

そういった形のヘアサロンはほかになくて、交渉がけっこう大変でした。

青山、銀座、原宿、と探しに探し、二転三転しながら、ここ(表参道ヒルズの隣、「ラルフローレンが1階にあるビル」の地下)にcuzcoビューティーラウンジをオープンするに至りました。

 

 

Q.コスメカウンターを併設したい、と考えたのはどうしてですか?

 

A.僕がヘアメイクの仕事をやっているのもあって、お客様から「この髪型には、どういうメイクが似合う?」と尋ねられることが多々あって。

オススメのアイテムやメイク法を教えると、「じゃあデパートで見てみます」と言って帰られるんですよね。

それでコスメカウンターを併設し、メイクアイテムを施術中に自由に試せるようにすれば、トータルでヘアもメイクも楽しめるんじゃないか、と。

気に入れば帰りに即購入もできますし。

 

 

Q.ほかにも多くの事業展開をされているんですよね。

 

はい、5つの事業を展開しています。ヘアサロン部門、ネイルサロン部門、ウエディング部門、販売部門、ヘアメイク部門です。

これをきちんと確立して大きくしていくのが、いまの目標です。

 

 

Q.経営者としては、どのような勉強をされているんですか?

 

A.主に、夜の六本木で勉強しています(笑)。知人が飲食店を営んでいて、そこに様々な上場会社の経営者が集まるんです。

そこで経営についての話を聞き、多くを学ばせてもらいました。以前は本を読んで勉強していたんですが、チンプンカンプンで。

それが、多くの経営者と会って話すようになって、改めて同じ本を読んでみたら、当たり前のことしか書いてない! と思ったんです。不思議ですよね。

 

 

Q.そのように経営を学んでから、美容師さんとして何か変わったことはありますか?

 

A.美容師としてお客様と向き合うときは、経営者としての立場は忘れるようにしています。

というか、忘れちゃいますね。損得関係なく、お客様とは信頼関係を築いていきたいです。人をキレイにする、かわいくする、カッコよくする。

それが美容師としての原点で、そこは変わらないです。

 

 

Q.今後の目標を聞かせてください。

 

A.美容の持つ可能性は無限だと思っているので、いっぱいありますよ(笑)。

第一は、“トータルビューティー”のサロンとして全国展開を目指したい、できたら世界進出もしたいと考えています。

僕は仕事やプライベートで海外に行ったときに、美容院を見に行くようにしているんです。

以前、NYの美容院を訪れたときに、身体が全くブレることなく、見たことのないような姿勢でカットしている美容師を見つけたんです。

どうしても彼と話をしたくて声をかけたら「僕はヨガをしながらカットしているから、身体の軸がブレないんだ」って言うんですよ。

日本の美容師は腰を痛めてしまう人が多く、歳を重ねるとカットができない身体になってしまうこともある。

だから、肉体的にも改造が必要ですし、技術やセンスの向上ももちろん必要です。

「日本人は手先が器用だ」って言われて満足しているだけではダメで。これからはそれ以上に日本の美容師のスゴさを見せたい。

だから、海外に店を構えてみたいと思うんです。

 

次は、先ほど話した5つの事業を確立、拡大することです。

そうすればスタッフが定年を考えることなく、活躍できる。

例えハサミを置くことになっても、美容師としての経験を踏まえて活躍できる場を多く作っていきたい、と考えています。

そして、「いつまでもチャレンジャーでいたい」。これも目標のひとつです。

多くの経営者に出会い、その中で僕は知らないことだらけの、いちばんのひよっこ。

でもその分、学べることがいっぱいある。美容業界を見ても、cuzcoはできたばかりの新米。

まわりを見渡せば名前と実力を備えたビッグサロンがいっぱいあります。

そんな中で僕が大切にしたいのは「この世にないものをつくること」。作品も会社も、この世にないものをつくる。そうすれば絶対負けないですし(笑)、そこに挑戦しつづけたいと思っています。

 

 

Q.インディアンになる夢はどうなりましたか?

 

A.それがまた不思議なことなんですが、経営者の方の中にインディアンと知り合いという方がいました。

それで、いつか旅したい、会わせていただきたいなぁ、と考えているんです!

 

 

Q.高校生のときの想いが、ここに来て違った形で実現することもあるんですね! 今日は多くのお話、ありがとうござました!

 

A.こちらこそ、ありがとうございました!

 

 

cuzco2内観

cuzco-クスコ- ビューティーラウンジ

住所:東京都渋谷区神宮前4-25-15

エスポワール表参道B1

電話:03-5413-0019

定休日:火曜日

http://www.cuzco-ltd.com

 

 

cuzco3ヘアケア剤

ジョンマスターオーガニック、エルバビーバなどのオーガニック系ヘアケア商品が充実。

「37℃」のエンザイム・プラス(酵素ドリンク)に不純物を一切含まない「アロハウォーター」など、

身体の内側から美と健康をサポートする注目アイテムを取り扱っています。

 

 

 

cuzco4ジルスチュアート内観修正

 

修正cuzco5アディクション内観

ヘアサロンの隣にジルスチュアートとアディクションの

コスメカウンターを併設。中でもジルスチュアートは

日本最大級の売り場面積。ゆっくりショッピングを楽しめます。

 

 

 

cuzco6コスメボックス

こちらがジルスチュアートとアディクションのコスメワゴン。

カットやカラーリング、パーマなどの施術中にコスメワゴンの商品を

自由に試すことができちゃう。女のコによっては夢の世界!

 

 

cuzco7池田さん作品修正

サロン内に飾られたポートレイトは池田さんの作品。

「この世にないものを」と考えて、すべてを1からつくるのがモットー。

スタジオのセットも自らの手で作り、ヘア&メイクを担当したそう。

 

 

cuzco8ウエディング作品cuzco9ウエディング作品

「ウエディングのヘアで悩んだらぜひご相談ください」とcuzcoサロンマネージャーの内藤新士さん。

多くの媒体で活躍する内藤さんは、全国でアップヘアの講習をおこないウエディングヘアもお得意です。

 

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

美容ライター上條華江

このライターの記事へ