1. >
  2. >
  3. 「俺のヘアサロン」シャンプーボーイから輝くプレジデントへの軌跡 Grow代表 高橋俊友さん【後編】 

NEWS

「俺のヘアサロン」シャンプーボーイから輝くプレジデントへの軌跡 Grow代表 高橋俊友さん【後編】 

連載第3回目は、GARDENグループ9店舗目となる新ブランドサロン

「Grow(グロウ)」の代表に就任した高橋俊友さんが登場!

~育てる、成長する~という意味が込められたサロン名には

「新人育成を目的にしたサロンづくり」というコンセプトがあるそう。

新たなサロンづくりに挑戦する高橋さんに、辛くも楽しい美容道をお伺いしました。

 

前編はこちら!

http://cawaii-hair.tokyo/interview/7026/

FILE.3

Grow-グロウ- 代表、ヘアスタイリスト

高橋俊友さん

IMG_6537

1977年7月17日生まれ、栃木県出身

日本美容専門学校を卒業後、

1996年、19歳のときにカリスマ美容師ブームの火付け役となった

原宿の有名美容院に入社。

2001年、同美容院の別ブランドサロンに移動、オープニングスタッフとして参加。

2005年、原宿にGARDENオープン。オープニングスタッフとして参加。

2015年3月27日「キュープラザ原宿」6FにGrowオープン。代表に就任。

ヘアサロンの垣根を越え、美容師仲間たちと発足した「東京ブレンド」の活動も注目を集めている。

http://tokyoblend.com/

 

教育部門担当の役割を与えられ、変わっていった自分

 

Q.教育部門をご担当ですか?

A.GARDENは、「マネジメント(経営)」、「クリエイティブ(プロモーション)」、「テクニカル(教育)」といった3部門が柱となっています。

その中で自分に割り当てられたのが、教育部門です。最初は「ええっ。どうして?」って思いました。

華やかなクリエイティブに憧れていましたし、自分はそこに行くのが当然と思っていました。

でも、そうならなかった事実を、悔しかったけれど受け止め、一つの使命としてやることを心に決めました。

GARDENのためにも、自分のためにも。実際、役割があること、使命を感じることができること自体、すばらしい環境であると実感しました。

 

Q.実際にはどのようなことを?

A.テクニカルマネージャーとして、銀座のGARDEN Tokyoと原宿のGARDEN を半年ずつ1年間行き来して、新人の教育、育成に励みました。

同期の新田と支え合い、教育を担当していくうちに、この役割の楽しさを知ったんです。

銀座・原宿の行き来を2年間続け、ある程度結果を出せたときに「もう1度原宿に戻り、腰を据えて原宿でのブランドづくりに取り組みたい」と考えるようになり、幹部にその旨を話しました。それが、昨年の11月ですね。

 

Q.昨年の11月って…かなり最近ですが?

A.当時GARDENグループでは、10月新宿に「joemi by Un ami」、11月武蔵小杉に「NEUTRAL produced by GARDEN」、12月ニューヨークに「GARDEN New York」がオープンするということで、人事も含め慌ただしい状況が続いていました。

そんな中、イレギュラーな形で現Grow(Qプラザ)の物件との出会いがあり、全体バランスが少し取りづらい中でしたが、「僕がチャレンジしたい」と。

ブランドを作っていきたい気持ちを伝えさせていただきました。

 

 

Q.そして、オープンの方向に?

A.いえ、代表の須崎は反対だったんです。「俊友、まだお前はダメだ」って。

でも、何度もミーティングを重ねる中で、GARDENグループのマネージャー陣が背中を押してくれたのが事実。

みんなの後押しがあったから、オープンすることができました。

みんなの気持ちをしっかり形にしようと…。スタートする勢いにつながったと思います。

 

 

Growの代表として、新人を育てることの責任を実感

 

Q.感激ですね~。それから3月のオープンに向けて動いたわけですね。

A.年明けから人事を考え、内装もほぼ自分1人で構想を練りました。

僕は1店舗目のサロンから機材係をやっていましたし、GARDENのオープンニングに関わったのもあり、内装や機材には少し知識がありました(笑)。

壁があって、シャンプー台があって、ボイラー、セット面の配置など、頭の中でレイアウトが思い浮かぶんですよ。

雑草としての経験が生きました!

 

 

Q.お世辞ではなく、大都会のビルの6Fにいるのを忘れるような、落ち着けておしゃれなサロンですね。こうして、代表になるまでの経緯を聞いて、ふと思ったのですが、“独立”というお考えは高橋さんにはなかったんですか?

A.実は1度もないんです。

これに対しては「育ってきた環境が違うから」というのが、ひとつの答えでしょうか。

GARDENの幹部とは、10数年一緒にやってきていて、話さなくても分かるほど気持ち的につながっている。

もちろん、重要な部分は何度も話し合いますが…。また、多くの失客という経験をさせてもらい、僕はここでチャレンジ&エラーを繰り返しています。それができるサロンってほかにないと思っていて、感謝しているんです。

あとは適材適所といいますか、教育に専念できる環境を共につくり、GARDENという組織がしっかりしたものになるよう一緒につくってきたからこそ、やるべきことに専念できるのだと思います。

でも身内だから、シビアでもあるんです。誠心誠意やっているか、やっていないか? 幹部を含め、まわりはしっかり見ていますから。

いい環境の中で責任とプレッシャーはかなりあります。

 

 

Q.GARDENグループの新ブランドGrowの代表として、高橋さんが感じている責任をお聞かせください。

A.Growには「育つ、成長する、伸びる」という意味があり、GARDENグループの中で新人を育成していくサロンという役割を担っています。

価格設定は須崎と一緒に考えたのですが、デビュー間もないスタイリストの価格は5,000円+税と、GARDENグループの中で最安値なんです。

ある程度価格は抑えめだけれど、決してクオリティーは落ちていない、そういったスタイリストを送り出すことで新規集客につなげたいと考えています。

お客様にもスタイリストにも同時に満足できる仕組みを作り、お客様にもスタイリストにも「ここにいたい」と思ってもらうサロンをつくる。

これが僕の責任であり、役割です。

僕のアシスタント時代は美容師ブームというのがあって、お客様が途切れない状態の中で、多くのことを学ばせてもらいました。

今また、そいういった“べらぼうに忙しい”状況を作ってあげられるように…。

夢を語りながら、現実にきちんと向き合っていく必要があると感じています。

それともうひとつ。これはGrowの裏テーマなんですが、Growの「G」は「GARDEN」。

「row」は「漕ぐ」という意味があるので、「GARDENを手漕ぎの舟で一生懸命漕いで、引っ張っていきたい!」と思っているんです。

 

 

Q.最後に、高橋さん自身の夢や目標を教えてください。

A.ざっくり言うと「世界でいちばんのヘアサロンをつくること」です。

たとえば「世界一、あなたのことを知り、世界一あなたに似合うヘアスタイルをつくるサロン」。

これもいいと思うんです。世界一には、色々な意味があると思うので、「世界一」という想いを込めて、日々お客様と美容に向き合っていきたいと思います。

 

Q.どうぞ、Growが世界一のサロンに育ちますように! 今日は貴重なお話、ありがとうございました。

A.はい、日々頑張ります! ありがとうございました。

 

 

 

Grow内観写真1

高橋さんのあったかな人柄を表すような

ぬくもりのある落ち着ける空間。

ハイクォリティーなデザインとセンスを

カジュアルに、身近に楽しめるニューコンセプトサロンです。

 

 

Grow-グロウ-

東京都渋谷区神宮前6-28-6 Qplaza HARAJUKU 6F

電話:03-5774-0091

定休日:月曜日

http://www.grow-garden.jp

 

 

 

Grow内観写真2

「お客様の髪に本当にいいものを」という想いで

GARDENがオープンしてから誕生したイデアルシリーズ。

多くの人々から支持をされ、

ヘアケアブランドとしてすっかりおなじみの存在に。

サロンを訪れた際には、毎日のヘアケア法やスタイリング法も気軽に尋ねてみて!

 

 

Growリーフレット

サロンで頂いたリーフレットたち。

ビジュアルがとてもかわいくて、見ているだけで気分がアガります!

ヘアスタイルやオシャレのレッスンにも♪

こんなリーフレットを手にとることができるのも

サロンに行く楽しみのひとつに…。

 

 

スタイル写真1

スタイル写真2

高橋俊介さんの最新作がこちら!

リーフレットやHPでも新作を見ることができるので

ヘアスタイルに悩んだときは、ぜひ参考にしてみて。

高橋さんの弊社ヘアカタログ登場もお楽しみに♪

 

 

 

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

美容ライター上條華江

このライターの記事へ