1. >
  2. >
  3. ポニーテールの●●を変えるだけで簡単印象チェンジ術

NEWS

ポニーテールの●●を変えるだけで簡単印象チェンジ術

ヘアアレンジのなかでも、オーソドックスなポニーテール。

基本ゆえに、いつもワンパターンになりがち。

でも、少し手間を加えるだけで、印象チェンジできちゃうんです!

キーワードは、ずばり「位置」!

まずは、こちらをご覧ください。

bnr2014121720 bnr2014121715

bnr2014121716

いかがでしょうか。

結ぶ位置を変えただけ、モデルさんは一緒なのに、

その髪型から受ける印象は全く違います。

では、1つ1つ詳しくみていきましょう。

 

高めポニーテールはこう見える!

この位置にすると……

bnr2014121720

①見た目年齢が若くなる

②活発で元気な印象

 

中間ポニーテールはこう見える!

この位置にすると……

bnr2014121715

①頭や髪のシルエットが一番綺麗

②服を選ばない

 

 

低めポニーテールはこう見える!

この位置にすると……

bnr2014121716

①落ち着いた大人の雰囲気

②崩れにくく最も安定する

 

綺麗なポニーテールをつくる3ヶ条

結ぶ位置によって印象が変わるポニーテール。

そんなポニーテールを自分でつくるときのポイント3つがあります。

bnr2014121717

 

1 サイドとえり足はたるませない

この2箇所がたるむと、全体的にだらしない印象になり、せっかく頑張ったポニーテールも可愛くならない。トップはふんわり、えり足、サイドはタイトに仕上げましょう。

 

2 サイドは手ぐしで綺麗な毛流れ感を出す

キレイな形の整ったポニーテールをつくろうと、スプレーやワックスで固めながら、クシでまとめがち。しっかりした印象にはなりますが、オシャレには見えないかも。服が可愛くても、髪がぺたんこだと、あか抜けていない印象になってしまいます。

こんなときは手ぐしで自然なラフ感を出して、見た目印象をぐんとアップさせましょう。

 

3 結んだ毛先は内巻きにするとさらにオシャレ

少し時間がある・オシャレを楽しみたい特別な日には、毛先をカールアイロンで内巻きにしてレベルアップ。ぱさついて広がりがちな毛先をカールでまとめ、さらにオシャレな印象に。

 

 

(撮影/アベユキヘ)

 

いかがでしたでしょうか。

次回は、そんなポニーテールをたるませない、自宅でできる裏ワザを大公開!

お楽しみに。

(⇒その記事はコチラ!)

 

関連キーワード

オススメ NEWS

WRITER

エディターN.R

このライターの記事へ