1. >
  2. >
  3. もう巻き髪崩さない! ふわふわを1日キープできる6つのコツ♥

NEWS

もう巻き髪崩さない! ふわふわを1日キープできる6つのコツ♥

今日は巻くっ! そう決めて頑張って巻いてクルクルにしても、夕方にはショボー……。せっかく巻いたのに、すぐとれる。あの頑張りはどこへやら。そんな残念な経験をした女子は多いはず。そんな女子のために、今回は巻き髪をキープするコツをご紹介! 面倒なことはしません。ちょっとしたことですよ。次に巻く時からチャレンジするべき!

 

\騙されたと思ってやってみて!/

ふわ巻き髪キープ術♥

あなたはいくつできていますか? いつもの自分の巻き方と比べて、できていなかった項目は即実行してみて。

 

●巻く前のコツ

 

①ベースローションを吹きかけて

ベースローションって?

アイロンの熱ダメージから髪を守るのがベースローション。直毛やネコっ毛など、カールがとれやすい髪質の人は、ベースローションを使って。アイロンの熱によってしっかりクセがつきます。

9v-DMA-mina1402m_0292

使うときのPOINT

★巻く部分にスプレーしたら、ドライヤーで1度乾かしてから、アイロンを。乾かさずに髪が濡れた状態のままアイロンを当てると傷みの原因に。毎日巻く人は特に、乾かしてからアイロンを使うことをおすすめします。

 

 

②ブロッキングしてますか

同じところを巻いたり、アイロンに髪を挟みすぎたり…。こんなあるある失敗をなくすには、きちんとブロッキングをするのが近道。下の写真だとちょっと面倒そうだけど、よくよく見れば単純な区分けになっています。

20100831_2543

↑ 持っている人はトップの髪にマジックカーラーを。

20100831_2542

↑ 横は耳前を上下2つに分けて。

20100831_2537

↑ 難しい後ろは、まず髪を上下に分けて 上を4等分・下を2等分に分けて。

\このときのPOINT/

★ダッカールを使おう!

ブロッキングのとき、なんとなくゴムで結んだり…と分けていませんか。ダッカールという髪をまとめる専用のピンを使うと、ブロッキングがラクラク♪ 何個か持っておくと便利な道具です。ドラッグストアにも売っていますよ。

20150707_0224

 

③もとのヘアスタイルも重要

伸びきった髪だとうまくアイロンの熱が伝わらないことも…。定期的にカットしておくのがベスト。美容師さんに「巻きやすい髪」をオーダーして。

20150707_0079

ボブ

顔まわりに動きをつけやすいように、前上がりにカットしておくのがオススメ。毛量の調整もしっかりして、重さを解消しておこう。

20150707_0005

ミディアム

軽くしすぎてしまうと巻いたときに動きが出づらいので注意。前髪はサイドにつなげるようにカットすると、内にも外にも巻きやすい。

20150707_0147

ロング

毛先のほうが細くなるようにカットすると、ロングでも束感や動きがつけやすい。顔まわりに独立した短い毛をつくっておくのもGOOD。

1 2

関連キーワード

連載記事一覧MORE

オススメ NEWS

WRITER

エディターN.R

このライターの記事へ